キャットハウス改良


経緯:

猫がいる家の常識として、トイレの問題があります。トイレをどこに置くか非常に悩むことがあります。

そういった問題を解決するために、ベランダに設置できる小屋のようなトイレスペースを作りました。

大前提としてトイレが置ける広さで、できればキャットタワーのような感じにしたい。ということで、このキャットハウスを作ったわけですが、1,2年で木材が劣化して変色、爪とぎでボロボロになってしまいました。

そこで、以前作ったキャットハウスを一度解体して、新しいものに作り変えることにしました。

解体作業:

前回作ったキャットハウスは、ほとんど全パーツをビスで固定しただけなので、耐久性に不安がありました。そして予想どおり解体作業で崩壊寸前だったということがわかりました。

解体作業風景

解体後は想定してたより使える部材がたくさんあったこと、足場も劣化した部分を切断すれば使える状態でした。ですので、今回はやや小さめですが、しっかりしたものを作ろうと思います。

具体的には、高さを 5cm カットして幅は 90cm あったものを 70cm でカットするすることにしました。なので、サイズは 70cm 四方の高さ 180cm の立方体になります。

設計:

今回は色々と考えて、前回のようにビスで止めることを極力やらないようにしようと決めました。

簡単にいえば、屋根パーツと床パーツで側面の木枠パーツを挟み込む形にすることです。(パネル組み立て型、軽トラ荷台ボックス 参考

そのために床パーツと屋根(天井)パーツを新たに作成することにしました。

構造の説明

側面の木枠は安定させるために、これまでの横材2本から3本へ変更して、さらに橋渡しのパーツでつなげて、より強度を保てるように改良をしました。足場板は以前作った構造が好評だったので、より頑丈にした足場にしました。

作業風景:

なかなか時間が取れずに、かなり完成が遅れましたが、うまくできたと思います。

加工、組み立て作業の動画は、ぜひともご自身で作っていただきたいと思い載せました。

ほぞ継ぎ(木枠組み作業)やスミ付け(目印をつける作業)は一見難しく感じますがやってみると意外と簡単なのでやってみてください。

加工・組み立て作業風景

完成:

猫たちの声なきプレッシャーと戦いながら、ようやくの完成。本当は図面通り側面木枠に補強材を入れたたかったのですが、もうこれ以上時間をかけられないと考えて今回はあきらめました。

完成・組み立て風景

完成品は結果として、若干の揺れがあるものの、なんとか使えるものになったのではないかと思ってます。前回できなかった防腐処理を兼ねた塗装ができたので良しとします。

逃走防止と虫よけに網など張ってみました。取り付けは上下の溝に挟み込むだけです。

ちなみに今回使った材料は全部込み(工具は抜き)で1万円ぐらいでしょうか。時間があれば詳細をご報告します。

作るのが面倒な方へのオススメです。

【取寄品】 ペティオ(Petio) necoco キャットルーム3段 【 ネコ ペットグッズ ケージ 猫用品 ペット用品 】

価格:38,097円
(2020/7/25 15:09時点)

猫トイレを隠したい方はこちらがオススメです。

【送料無料】猫トイレクローゼット Galetta(ガレッタ)キャットマンションラック キャットタワー ラック 収納 リビングボード ラック CR-1010※メーカー直送の為、代引き・同送出来ません。

価格:14,238円
(2020/7/25 15:40時点)

各パーツの画像と設計図面:

設計図面は画像の文字をクリックしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)