BuddyPressで個人snsを作る①初期設定


twitterやlineのようなsnsを作ってみましたので、その備忘録です。

前提条件

通信環境とサーバーとドメインがあること

wordpressがインストールしてあり、使える状態であること

wordpress テーマ

いろいろ試した結果、無料テーマ twentysixteen を選びました。

twentysixteen

普通に使ってまったく違和感がなかったので選びました。

その他にも twentyfifteen や Customify が良かったです。

snsのプラグインを追加する

wordpress のプラグインから「新規追加」→「プラグイン検索」でBuddyPressを検索して「今すぐインストール」をクリックします。

BuddyPressの設定を変える

まず「設定」→「一般」から「メンバーシップ」の「☑誰でもユーザー登録ができるようにする」にチェックして「変更を保存」をクリックする。

こうすることで「ユーザー登録」ができる固定ページが追加されます。

次に「設定」→「buddypress」を選択します。

「コンポーネント」からユーザー設定☑をします。一般ユーザー許可なら全部チェックで問題なしです。ここでは「サイトトラッキング」のチェックを外してます。

オプションは「ツールバー」と「コメントを投稿」のチェックを外しました。

テンプレートパックはデフォルトの「BuddyPress Nouveau」で問題ないです。

「BuddyPress レガシー」はサポート切れのようなのでオススメできません。

「固定ページ」はwordpressの固定ページとbuddypressを関連付けるための設定でデフォルト設定のままで良いと思います。

メニューを設定

「外観」→「メニュー」から「メンバー」「アクティビティ」「グループ」「登録」「有効化」を選んで追加します。「メニューを保存」をクリックします。

ウィジェットを設定

「外観」→「ウィジェット」から「サイドバー」へ「ログイン」「メンバー」「グループ」「オンライン状況」を選んで追加します。

サイトを表示して確認

これで一般的なsnsの設定が終わったと思うので「サイトを表示」します。

固定ページをフロントページにしてみました。

1.メニューからアカウントの登録

2.メンバー情報、アカウント画像や名前、背景が設定できることを確認します。

3.アクティビティ(タイムライン)が正常に機能するかどうかを確認します。

おおよそ、この状態でもsnsとして機能しますが、画像、動画などアップロードしたいところです。

プロフィールも充実させる必要があります。

まとめ

この後は、多くの人に使ってもらえるように、機能を充実させていくことを目指します。

また、スマホなどアプリとして出せたらいいなと思ってます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)