自家発電におけるバッテリーの重要性

自家発電におけるバッテリーの重要性

はじめに

太陽光パネル 2枚 (200W) を自宅に設置して早いもので半年を迎えようとしています。

今の所は順調に発電中ですが、日中に電力を消費していないとバッテリーがすぐに満充電になってしまい、太陽光が有効的に使われているかというと疑問であります。

夜にバッテリーから電力を消費することは滅多にありませんが、バッテリーを使い切った場合に翌日曇っていたら充電できませんのでバッテリーが終わってしまうという怖さがあります。

晴天日にバッテリーへ充電しながら電力を消費する場合は、くもりが頻繁に出る状況になると充電より放電される時間が長くなる可能性があるため、結果として電力消費を抑える必要があります。

また家電の消費電力にも注意しなければならず、消費電力が大きい家電はバッテリー電圧が一気に下がるため、すぐに警報で放電ストップになってしまいます。

ここまでの内容で太陽光発電を充電することの難しさが伝わったことと思われますが、実際に晴天日と曇天(雨天)日の発電量差が大きすぎて、むやみにパネルを増やすと晴天日では、すぐに充電が完了してしまい、ピークカット状態が続くようになり、パネルが少ないと曇天日にまったく充電されず、日中の電力消費を止めなければならないということで、どちらをとっても損をします。

バッテリーを増やすということ

そこで私がやろうとしているのがバッテリーの容量を可能な限り増やして、太陽光パネルを充電速度に見合うように後で追加していくことです。

こうすればまず電力源の確保が優先されるので、日中のピークカットの無駄を無くすことができます。

日中の電力使用量はたかが知れているので、正直なところ使わなくても問題ありません。

夜間に使い切ったバッテリーを充電するために晴天日のおよそ半日で満充電できる発電量の太陽光パネルが必要です。

また消費電力の大きな家電はバッテリー容量が大きければ電圧が一気に下がることを防ぐので、その効果も期待できます。

現状と今後について

最初にお伝えしたように太陽光パネルは現在100Wが2枚の200Wです。

バッテリーは12V28Ah(5HR)が4台、12V36Ah(5HR)が1台の合計148Ahの容量になります。

12V148Ah(5HR)は5時間で1776Whの消費電力となります。

つまり1時間で355Wh までしか使えないということになり、例えばコタツがおよそ360Wの消費電力としたら約5時間つかえるということになります。(コタツは温度センサーがないと仮定)

また1000Wを超える湯沸かし器のような家電は現時点で電圧が下がりすぎて使えないので、バッテリーの容量は最低限3000Whを目標に増やしていきたいと思います。

太陽光パネルの発電量は200Whが3時間と仮定して600Whですので現時点では丸一日充電に回しても充電が完了しない可能性があります。ですのでパネルも追加する必要がありそうですが、一日で充電を終えることが目標ではないので今回はやめときます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)