Linux ファイル共有サーバについて


ファイル共有システムといえば、Windowsですが、Linuxでも使うことができます。

ubuntu20.04では、デスクトップ上で「ファイル」を開くと左下の方に「+他の場所」という項目があります。その中のWindowsネットワークという項目が入っていると思います。

これはWindowsネットワークで、ファイルやプリンターなどを共有するためのものですが、「Samba 」というソフトを使えば Linux 同士でもファイル共有ができるようになります。

今回は、ローカル環境で利用できる”簡単”な Linux ファイル共有サーバについての備忘録です。

Samba をインストール

今回はファイルサーバをubuntu20.04にしました。

とりあえず「samba」コマンドを入れてみます。

~$ samba

バージョン情報など出てこなければ、インストールします。

~$ sudo apt install samba

もう一度「samba」と入れると「samba」の情報が出てくると思います。

Samba のアカウントを登録

Sambaファイルサーバ認証用のアカウントを登録します。

こちらはlinuxシステムで実在するアカウントで登録する必要があります。

つまり、ubuntu の場合は ”usr1@usr1-pc ”をファイルサーバーにするなら、アカウントを”usr1” で登録する必要があります。

~$ sudo pdbedit -a usr1
new password:
retype new password:

ここでのパスワードは 「ubuntu」アカウントのパスワードではなく、「samba」のパスワードですので、間違えないようにして下さい。

入力が成功すると、初期設定の情報が表示されますので、確認して下さい。

ここまでが、sambaの設定になります。

ファイル共有フォルダ(ディレクトリ)を作成

作業は Windows と同じです、共有するフォルダの「プロパティ」設定を変えるだけです。

「Public」というフォルダがありますので、こちらを共有にしてみます。

右クリック → 「プロパティ」より「アクセス権」を開き、次の項目を変更します。

アクセス: アクセスのみ → 作成と削除

次にローカルネットワーク共有を開きます。

  • このフォルダー共有する
  • このフォルダー内でのファイルの作成・削除を他のユーザーに許可する(A)

にチェックを入れて「共有を作成(S)」をクリックします。

以上で完了です。共有マークが表示されます。

ローカルネットワークでファイル共有する場合

今回は有線LANケーブルで2台のPCを接続しただけのローカルネットワークになります。

まずは「設定」からネットワーク → PCIEternet → ⚙(設定) へ移動します。

「有線」設定の「IPv4」→「手動」を選択して、アドレスの空欄へ、任意の [IPアドレス] と [ネットマスク] を入れて、「適用(A)」をクリックします。

ここではローカル限定なので、アドレスを [10.0.0.1] としています。ネットマスクについては一般家庭では [255.255.255.0] で問題ありません。

これで、他のLinux PCからファイルサーバーへアクセスすることができます。

こちらは前回インストールしたAlterLinuxからのアクセスです。

ファイルサーバのURLは [smb://10.0.0.1/] になります。

設定した「アカウント(usr1)」と「パスワード」を確認画面で入力すると共有したフォルダをみることができます。

まとめ

今回は、有線LANで接続しただけのローカル環境でしたが、もし外部ネットワークとつなげるなら、ファイル共有サーバのセキュリティを強固にしなければならないと思います。

そのためには /etc/samba/smb.conf の設定を変えて利用者を制限したり、認証方法を変えたり、権限を変えたりする必要が出てくると思いますので、勉強しなければなりません。

外部ネットワークにつなげれば、外から自宅のファイルサーバとアクセスできるので、かなり便利になると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)