再生可能エネルギーについて

再生可能エネルギーについて

太陽光発電と風力発電については、これまで自家発電としてできる範囲で取り組んできました。

自家発電設備としては十分すぎるほど価値のあるエネルギー源なのですが、売電専用の発電設備としては発電時間や天候任せで制御ができないという大きなデメリットを考えると次世代エネルギー源としては失格であると断言できます。

こういった事実を多くの皆様にも知っていただき、再生可能エネルギーとはどうあるべきかということを共に考えて行きたいと思います。

大規模太陽光発電設備(メガソーラー)の現状

現在、国内の100kwを越える太陽光発電設備は1万箇所以上ですが、その多くは山林を開拓して造成工事を行った場所に設置されています。

つまり、元々あった環境を破壊して太陽光パネルを敷き詰めた状態になっています。

この事実だけでも許されないことなのですが、それよりも多くの環境を犠牲にして得た電力量があまりにも貧弱すぎて話にならないという問題があります。

主要発電所の最大発電量を比較する

以下は国内最大級の発電所による比較です。

  • 柏崎刈羽原子力発電所:最大出力 8212MW、敷地面積 4.2km2
  • 富津火力発電所:最大出力 5160MW、敷地面積 1.16km2
  • パシフィコ・エナジー作東メガソーラー発電所:最大出力 260MW、敷地面積 4.1km2

国内最大級メガソーラーですらこのような状況になっています。

国内最大級メガソーラーの詳細

ここで国内最大級のメガソーラーについて詳しくみていきたいと思います。

  • 発電所名:パシフィコ・エナジー作東メガソーラー発電所
  • 事業区域面積:約410ha (4.1km2)
  • 出力:太陽光パネル・257.7MW、連系出力・150MW
  • 年間予想発電量(3h/day):
  • 太陽光パネル:トリナ・ソーラー製多結晶シリコン・両面ガラスタイプ(340W/枚・37万6264枚、345W/枚・37万6264枚、合計約75万2528枚)
  • モジュール寸法:2024× 1002 × 30 mm(340W)、2031 × 1011× 30 mm(345W)
  • モジュール面積:2.03m2(340W)、2.05m2(345W)
  • 太陽光パネル総面積:763815.9m2 + 771341.2m2 = 1535157.1m2 (1.5km2)
  • パワーコンディショナー(PCS):東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製2.5MW機 ・60台
  • 売電単価:32円/kWh

ここで注目していただきたいのは出力:の連系出力という言葉であります。

一般人には馴染みがないこの言葉は電力の需要と供給に関わる重要な意味を持ちます。

連系出力について

連系出力とは電力会社へ送電するための「系統連系」への出力のことで、電力の重要に応じて送電したり、止めたりする状態のことだと思います。

私自身この辺の理解は難しいので簡単に説明させていただきますと、太陽光発電設備の増加に伴い日中晴天日の需要が100%を超えないように制御する必要があるということだと思います。

そうしなければ供給量が需要を超えてしまい電線が加熱して発火する恐れがあるからです。

太陽光発電設備(メガソーラー)は電力供給量を200%で設計されている場合が多く、実際にはその半分以下しか送電できないことになっています。(自家用で使う分は問題ないのですが・・・)

つまり、100%の出力ができないということになります。(ピークカットというらしいです。)

まとめ

そもそも電力供給能力を200%で設計しなければならない理由は太陽光発電(風力発電)が制御不能な野放し発電設備であるためです。

天候まかせ、運まかせの要素が大きく制御不能なため、他の制御可能な発電設備への負担が大きくなってしまいます。

供給能力を200%で設計することは、気象変化の変動が小さくなる?かもしれませんが肝心の日中晴天時のピーク電力を常に半分カットされた状態です。

最近では蓄電池などを併用してピークカット電力を日没後に送電する試みがあるそうですが、設備費用維持費は莫大な金額になるため、実用不可能な夢のような話であると考えたほうが良さそうです。

結論として次世代エネルギー源としてはもちろんのことですが、環境を破壊するメガソーラーなどは再生可能エネルギーとしても失格であると言えるのではないでしょうか。

再生可能エネルギーのあり方について皆様のご意見やご感想等をお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)